川本工業株式会社 空調・給排水衛生・電気設備などの設計施工

採用情報

ENGINEER

施工管理を指揮するエンジニア

当社の主な業務は施工管理です。実際に配管やダクト、機器を設置する作業は当社の協力業者が行います。では施工管理とは…。

施工管理とは?

施工管理とは工事全体の①品質管理・②工事費の管理・③工程管理・④安全管理・⑤環境管理を行います。現場監督はこれら工事全体の管理を行うとともに関係者(設計者、建築業者、メーカー)と打合せ、職人へ作業を説明し、協力して建物にヒトよりも大きく重い設備を設置していきます。苦労して仕上げた新品の設備に電気を通し、ポンプと送風機を動かして水と空気を建物全体にめぐらせ、居住者に快適な環境を提供するまでが現場監督(施工管理を指揮するエンジニア)としての仕事になります。


品質管理(Quality)
職人が各設備を図面通りに設置するように作業を管理します。
【例】現場監督は設計者と設計図をもとにつくりだす空間の環境やそのための機能を確認し、これらを満たした設備を職人に指示するための施工図を作成します。
工事費の管理(Cost)
設備を設置するのに必要な材料や作業者の費用を計画し、予算を管理します。
【例】現場監督は要求された環境を満たす機器を選び、機器メーカーに設置条件を確認し、予算内で建物に合った適切な設備を設置します。
工程管理(Delivery)
予定通りに工事が進むように各作業の順序・手順、開始・終了や進捗状況など時間的な期限を管理します。
【例】現場監督は建築業者とビルの天井・壁・床に設備をどのような順番で設置するかを話合い、職人に指示します。
安全管理(Safety)
作業者がケガしないよう、危険箇所や作業手順を確認します。
【例】現場監督は当日の作業が始まる前に職人と当日の作業手順や作業環境を確認し、合せて健康面にも注意し、正確な作業に集中するための安全面を確保します。
環境管理(Environment)
建設現場から生じるゴミ・排水・工事の騒音・振動、塗料など揮発性物質が人々の暮らす環境に影響しないよう適切に管理します。
【例】現場監督はゴミ等の副産物を分別保管し、専門業者に処理を依頼します。
ページトップへ