空調・給排水衛生・電気設備などの設計施工

川本工業株式会社
個人情報の取扱についてお問い合わせサイトマップ
HOME会社概要技術情報施工実績環境への取組み採用情報TOPICS

HOME > 技術情報トップページ > ビル空調

技術情報

ビル空調

設備・技術・システム
空気調和設備
最近の空調システムは温度・湿度管理だけでなく、気流、空気清浄度までコントロールする高度な環境創造技術の結晶といえます。また、空調設備に限らず、ビルや工場電子設備の集合体といっても過言ではありません。川本工業では、この複雑で多岐にわたる設備を一元的に管理し、効率的な運転管理を実現する中央監視システムも開発しています。オフィスビルや超高層ビル、インテリジェントビル、最新の電子部品工場や医療施設向けのクリーンルーム等、あらゆる生活・産業シーンで活躍する空調設備や自動制御設備を含め、企画から設計・施工、メンテナンスに至るまでを一貫して提供し、施設管理に関するあらゆるニーズに対応しています。

■ボイラ室内
大空間空気調和技術
近年、スポーツ施設をはじめとして、アトリウムという大空間をもつ建物が増えています。これらの建物では、その形状や機能に合わせた繊細な空調システムの構築が求められています。
川本工業では、大学と共同研究を進め実験や実測のデータをもとに、スーパーコンピュータによるデータ解析を行って大空間の温度分布や気流の数値解析シミュレーションを実施するなど積極的な取り組みをつづけ、その研究成果
は工場や室内プール、ホールなどの設計・施工に活かされています。

■コンサートホール
特殊空気調和技術
産業シーンで活躍しているのが特殊空調技術です。
最先端をいくIC工場のスーパークリーンルームから、病院・研究所等のバイオクリーンルームの設計・施工をはじめ、いま注目されているバイオハザード防止対策施設にも多くの実績を誇ります。横浜市および医療機器メーカーと共同開発した「感染症対応型多相式病理解剖施設」は、感染病者の解剖による医師の感染を完璧に予防する画期的なシステムとして各方面から高い評価をいただいています。

■手術室
地域冷暖房システム
地球温暖化など環境保護への関心が高まる中、低公害で効率的なエネルギー供給施設として、たいへん注目されているのが地域冷暖房システムです。横浜みなとみらい21や、港北ニュータウンセンターなど大規模な地域冷暖房システムの構築に参加し、エネルギープラントをはじめ共同溝の施工などを通じて、都市機能の高度化など時代のニーズに機敏に対応しています。

■共同溝
建物の窓側と内側の空調ゾーンに分けて行う4管式配管による空調方式
建物の窓側の外壁面は、屋外の気候による影響を受けて気温の変化と同様に居住環境が変化するため、夏期に冷水、冬期に温水を供給する冷温水配管による空調機を設置して空調を行い、建物内部は、パソコンなどの発熱を考慮して年間冷房を可能にするため、冷水・温水を常に供給出来る空調機及び配管を設置して対応します。
4管式配管による空調方式 イメージ
床吹出空調システム
冷風(温風)をOAフロアの床下空間を利用して供給し、床面に設置した吹出口一体型の小型送風機から効率的な空調を行うシステム。
不在のエリアは送風をOFFにすることでオフィスレイアウトの変更にも対応でき、また風量の調節が容易なため、冷房または暖房要求の個人差への対応も出来ることが特長です。
床吹出空調システム イメージ
かながわ子育て応援団
YOKOHAMA 地域貢献企業
ISO 9001:2008、ISO 14001:2004
ヨコハマ3R夢パートナー
ページの先頭へ